背後からす

カテゴリー






店内は、想像以上に広かった。趣味のいいインテリアに落ち着いた間接照明が、寛ぎの空間を演出している。いかにも女性が好みそうな店だが、ざっと見渡す限り女性客の姿はなかった。

青年から初老の男性まで年齢には幅歐亞美創美容中心があるものの、全員が男。顔を寄せ合って親密に会話していたが、奏と喬允が姿を現すと一斉に視線が飛んできた。

喬允は思わず身構えたが、奏は慣れているのか平然とカウンターに向かい、丸椅子に腰を下ろした。そしていかにもマスターといった髭のバーテンに軽く手を挙げ、

「みんなもう集まってる?」
「ああ。あとは奏待ちだ」
「ふ…ん、別に始めてても構わないのに」
「そう言うな。女王様のご到着をみんな今か今かと待ちかねてるぞ」
「何だよ、女王様って」

不愉快そうに眉根を寄せる奏に、バーテンは肩を竦めてみせた。

「女王様じゃなかったら、ファム?ファタルだ。男を狂永久脫毛わす<宿命の女>」
「阿呆くさ」

ここでようやく、奏の隣にいる喬允に気付いたバーテンは、営業用の笑顔を向けて、

「で、こちらの方は? 奏のお連れさん?」
「いや、ただの迷子」

奏の言葉にほんの少し自尊心を傷付けられた喬允は、努めて平然と「奏の友人です」と返した。

すると、その会話に聞き耳を立てていた客二人がっと近寄り、喬允の両脇に立って見定めるような粘ついた視線を送った。そして初対面とは思えぬほどなれなれしい仕草で喬允の肩や腕に触れ、

「へえ、お兄さん奏の連れなんだ。じゃあ例のパーティーにも参加するんだね」
「ぱっと見は地味だけど、よく見たらかっこいいね。それに、身体もが歐亞美創美容中心っしりしててなんか色っぽい―――」

二人の意味深な言動は、奏の荒々しい行動によって断ち切られた。無言のまま立ち上がり、喬允の肩に置かれた手をぎりぎりと掴んで引き剥がし、

「……気安く触んな」



遠慮なくどう

カテゴリー


奏のからかい混じりの問いに、喬允は苦笑しつつ「ありません」と答える。そして「じゃあよろしく頼むな」と告げて、奏の後に続いて部屋を出た。そして近くの駐車場に留めてあるシルバーグレーの車に乗り込むと、自宅のある大体の場所を教えた。奏は驚いた様子で、

「え、そんな近くに住んでたんだ」
「ん? ああ。最近引鑽石能量水騙局っ越したんだよ」

奏の運転する車は十五分ほどで目的地周辺に着いた。喬允は窓から外を指差し、

「ああ、あれだ。あのマンションの五階に住んでる」

対して奏は「へえ」と気のない返事をして、喬允の指が差す方をちらと一瞥だけした。

車で送ると言い張ったのは喬允の住まいを知るためでもあったが、いざその場所を眼前にすると、むらむらと込み上げる鉛色の感情に胸腔が圧迫されてまともな呼吸すらままならなくなる。

自分が決して共有できぬ喬允の空間が、あそこにはある。そしてそこには、何のDiamond水機煩悶も苦労もなく喬允の傍にいることのできる女性がいるのだ。

「奏、この辺りでいいよ。ありがとう」
「あ、ああ。じゃあ停めるよ」

車が路肩に停車すると、喬允は奏の方を向いて微笑み、

「本当に逢えてよかったよ。奏、またな」

親愛のこもった別れの言葉を差し出した。しかし奏は視線を合わせることができず、下を見たまま「うん……」と煮え切らない返事を返した。そして濃厚な躊躇を引きずったままポケットから名刺を取り出し、

「ここに連絡先とか書いてあるから。何かご用命の際はぞ」
「ああ、でも庭もないしな。犬も飼ってないし」
「だから、そういうアットホームな依頼は受けてないって。嫌な上司を失脚さ能量水せるためのスキャンダル作りとかなら協力できるけど」
「残念ながら、そういう予定はないな」
「だろうね」



れを拒絶の仕草

カテゴリー

「やっぱり……逢わないままでいた方が楽だったな……」

思わずこぼした本音半分強がり半分の呟きに、背後から問いが返ってきた。

「俺の……ことか?」

奏は慌てて振り返り、戸口に立つ喬激光永久脫毛允に向かい合う。喬允は見る者の胸に切ない痛みをともす淋しげな笑みを浮かべていた。

普段は整髪剤で営業マンらしい爽やかな髪型にしているのだろうが、今は乱れて顔に掛かり、濃厚な色気を漂わせていた。

ネクタイを外し、ボタンを上半分開けて、皺だらけのシャツを着ているにもかかわらず、喬允の持つ生来の気品や清潔さは少しも損なわれていない。はだけた襟元から覗く胸筋は想像以上に固く締まっており、滑らかな皮膚で覆われていた。

そこにきつく口づけて、所有の痕跡を残したいという欲求を必品牌推廣公司死に抑えていると、その奏の努力を嘲笑うかのように喬允がゆっくり近づいてきた。

奏はたまらず横を向いて、視界から喬允を追い出す。すると喬允はそと受け取ったのか、ぴたりと足を止めて、

「何か……お前を不快にさせるようなこと言ったかな。俺はそういうの疎いから。元々お前は繊細な奴だし」
「別に……不快になんかなってないよ」
「そうか、それならいいけど。これまでも、小さなサインを見逃してしまったせいで、ちょっとしたずれが修復不可能な亀裂にまで広がるという痛い経験を何度もしているからな。よく妻を苛立たせたよ。そんなことやってるから俺は―――」
「奥さんの話は聞きたくないっ……」

奏は切羽詰まった叫びで喬允の言葉を断ち切ると、すがるような目で喬允を見つめた。奏の態度や表情には、拒絶と希求という相反する要素が入り混じっており、喬允は近づくことも離れることもできずただその場に立ち尽くした。

相手が何を求め何を望んでいるのか察する能力に長けているは水解蛋白ずの喬允だったが、肝心な時に使いものにならない。もしかして、医師相手の接待という場でしか発揮できない能力なのかもなと、自虐的な考えすら浮かんだ。



荒かった所為

カテゴリー


自宅に戻り、シャワーを浴びてから桐谷はキッチンに立った。
男の一人暮らしにしては手入れが行き届きすぎているキッチン。
仕事で毎日調理をしているが、自身が摂る食事もほぼ毎食自炊をしている。
仕事でもプライベートでも、料理をすることは好きだった。
個人的にグラタンを作った事はなかったが、以前店で出していたため、レシピの概要は頭に入っている。
具材をどうするかまだ決めかねていた桐谷は、冷蔵庫を開けた。

手早く2人分を調理し、後はオーブンに入れるだけの状態になったところで、オーディオのFMから22時を告げる時報が鳴った。
グラタンの焼き時間は短いから、食べる直前に焼き始めればいい。
すぐに使えるようオーブンの主電源を入れておいたが、23時を過ぎてもアキは戻って来なかった。

”二度と来ない”という可能性も十分あるとは考えていたが。
今朝の戸惑った表情が思い浮かぶ。
恐らくアキは普段、同じ人間の家に再び帰ることはない。
何となく、そういう印象を受けた。
嘆息して冷蔵庫から缶ビールを取り出し、一口呷ると、不意に思い立って、桐谷は玄関に足を運んだ。
我ながら意味の無い行動だとは思ったが、身体が動いた。
想像通り、扉の向こうにはいつもと同じ静かな夜の風景と、冷えた空気があるだけだった。

―何やってんだ、俺は。
自嘲して扉を閉めようとした時、直感が走った。
瞬時に、その直感は確信に変わる。

非常階段。
昨日と同じ場所。
桐谷は迷わず部屋から出て、踊り場の前に立った。

―。。。やっぱり。

階段の隅にうずくまる人の姿があった。
その手には、今朝桐谷が貸してやったコートを大事そうに抱き、膝を抱えて俯いている。




ったものだ

カテゴリー


 大魔女様の回転大ゲンコツの刑から辛くものがれた僕は、今度は炎天下放置プレイの刑に処されている。
 一体何の恨みがあるのか、大魔女様は次から次へと僕に無慈悲な刑罰をお加えなさる。
 ここは街の大広間。執行院から出た僕らはこの雋景場所に待機するよう言い渡され、その代わりと言わんばかりに街へ来た際とは異なる、先ほどよりほんの少しだけ豪華で広い馬車が横に鎮座している。
 院長用の奴だろうか? それはどうでもいい話だが。しかしこの猛暑では、影がある場所は砂漠に湧くオアシスの如く貴重な存在なのだ。

「はいは~い、押さないで押さないで~」

「……」

 このクソ熱い広場に召集されたのにはワケがある。すっかり忘れていたが、大魔女様は街の人気者なのだ。人気者の癖に年に一回しか姿を現さないケチな有名人を一目見ようと、街の住人が仕事等ほっぽり出してこぞって群がっている。
 執行院は混乱を避けるべくこれを見越してこの広い場所に待機させた……というわけだ。

「はい次の人~、お、おじいちゃん久しぶり! 聞いたわよ。また腰や雋景ったんだって?」

「……はい! もう無理しちゃだめよ」

「あ、おばあちゃんも久しぶり~。わっなにこれ。差し入れ? ありがと~!」

「……」

 僕には無縁の現象を最大レベルで実現する大魔女様の姿に、やや軽い嫉妬を覚える。むかつくのでやはり馬車の中で待機してようと思う。お前らはそうやって慣れあっているがいい。
 僕にはお前らが一生かけても手に入れられない、現代日本が誇る文明機器、スマ――――

「大魔女様、お待たせしました。帝都より伝心が届きましたのでご報告いたします」

「あれ、従者の方は……」

「あ、はいはい今行くわ。おーい、アホの異世界人、出ておいで~」

――――なんと間の悪い。異世界人はお前だよ。くそぅ……
 しかしこの場所に置いては僕がそれに当たるか……戦いは数雋景だとよく言。世界は違えど所詮、人は多数派に流れるのが持って生まれた性なのだ。

「何アタシを差し置いて一人で休憩してんのよ」

「熱中症はいやなんすよ」

「なにそれ。アンタ、日光で病気になんの?」

「軟弱にも程があるわね。太陽は大地を育む恵みの光なのに……」



きれいなベッド

カテゴリー │elyze效果



  「人が住んでるんじゃん」
  「これだけの機械を作って、それらが全てきちんと作動しているんだ。それは誰かがいるだろう。少なくとも、この前みたいに後一人しか残っていない、ってことはないね」
  「じゃあ、どうして誰も見かけないと思う?」
  「そうだな、考えられる原因は……、たとえば宗教的優纖美容な何かで外出できないとか、休日とか、昼寝の時間とか。あるいは、この辺《へん》には住んでないだけかもしれない」
  「すると……、居住エリア?」
  「たぶん」
  「よし! 行ってみよう! キノ」
  エルメスが興奮《こうふん》して大声を上げたが、キノは首を横に振りながら、
  「いいや、もう今日はだめだ。今から行ったら日が沈むまでに戻ってこれないよ。町中とはいえ、夜は走りたくない。それに」
  「それに?」
  「眠い。ボクは寝る」
  「はあ? いつもならまだ起きてる時間だよ」
  エルメスがそう言った時には、キノはホルスターからパースエイダーを抜いて、それとジャケットを手に持ち、ふらふらとベッドに向かっていた。
  「確かにそうなんだけれど……。ボクはね、エルメス、があると迪士尼美語世界無性《むしょう》に横になりたくなるんだ。同時に眠くなる……」
  それだけ言うとキノは、ジャケットを広いベッドの縁《ふち》に掛け、パースエイダーを枕《まくら》の下に敷いた。そしてばふっとふかふかの布団《ふとん》に倒れ込んで、しあわせー、と小さな声で言ったかと思うと、すぐに寝てしまった。
  「びんぼーしょー」
  エルメスがぼそっと言った。
  翌朝、キノは夜明けと同時に起きた。
  部屋の荷物受けに、昨日《きのう》頼んだ洗濯物が入っていた。全《すべ》て新品同様になっていた。
  キノは二丁《にちょう》のハンパースエイダーの整備を始めた。
  後ろ腰につける自動式の一丁、キノはこれを『森の人』と呼ぶ。二二LR弾を使う、細いシルエットのパースエイダーだ。弾丸《だんがん》の破壊力は少ないが、長いバレルに適度の重さがあり、命中《めいちゅう》精度がいい。
  キノは『森の人』の弾倉《だんそう》から弾丸を出して、別の弾倉に詰《つ》め直して装填《そうてん》した。
  もう一丁の腿《もも》に吊《つ》っているパースエイダー、通称『カノン』は、単手《たんしゅ》動作式のリヴォルバーだ。単手動作式とは、一発|撃《う》つごとにハンマーを手で上げる必要のあるシステムのことで、引き金を引くだけで撃てるのはダブルアクションと呼ばれる。
  『カノン』は、薬莢《やっきょう》を使わない。火薬《かやく》と弾丸優纖美容が直接シリンダーに詰《つ》まっている。したがって再《さい》装填するためには、いちいち火薬と弾丸と雷管《らいかん》を手で詰める必要がある。雷管は小さな火薬入りのキャップのことで、シリンダーのおしりにつけて、ハンマーがこれを叩《たた》いて火薬に引火させる。
  キノは『カノン』のシリンダーを空《から》の物と交換して、何度も抜き撃《う》ちの練習をした。
  その後シャワーを浴びた。



気分を味わ

カテゴリー │嬰兒揹帶



「少しお痩せになったんじゃない?」
 訪ねてきた土地購入希望のふたりの公認会計士は、敷地のぐるりを見て回っている。須藤逸子は、麻生家の茶の間で智子とふたりになると、そう声をかけてきた。気づかわしげな様子だった。
 逸子とは、前回の打合せのあと、「ドラえもん」のことで高壓通渠妙な問答をして、一方的に電話を切ったままになっていた。その後の智子は、ずっと、自分のことしか考えることができないような状態にあったので、こうして逸子と顔をあわせると、今さらのようにきまり悪いった。
「やっぱり、ちょっと疲れが出たんだと思うんです。たいしたことはないけど」微笑して、智子は答えた。「この前はすみませんでした。すっかりごちそうになってしまって」
 逸子は笑ってその言葉をしりぞけた。「この取引がまとまったら、もっと美味しいものを食べにいきましょう。祝杯をあげなくちゃね。どう? なかなか良さそうな先生たちでしょう?」
「いくら小さくても、持ちビルを建てようという方たちなのに、お若いのでびっくりしました」
「やり手なのよ、おふたりとも」
 そろって三つ揃いの背広を着込み、きっちりとネクタイをしめたふたりの公認会計士は、上機嫌で下見から掃ってくると、智子のいれたコーヒーをうまそうに飲んだ。交通の便もいいし、郵便局が近くていいとか、大きな文具店がありますねとか、楽しそうに話している。
 ふたりともまだ三十代の後半だ。それぞれかなり大きな借金去凹凸洞を背負っての買い物ということになるのだろうが、不安げなところは感じさせなかった。売り主の智子の前だから、意識してそうふるまっているということはあるにしても、自分たちのこれまでの実績や、将来あげることができるであろう業績に対して、やはり、それだけの自信を持っているのだろう。ふと、うらやましいような気持ちになった。
 建物の施工を任せるところはもう決めてあるのだそうだ。予算の関係もあり、三階建てのヘーベルハウスにするつもりだという。
 おふたりとも、もうそれぞれマイホームはお持ちなのですかという智子の質問に、ふたりはそろって破顔した。
「どっちも賃貸マンション暮らしですよ」
「これから建てようというビルは、あくまで我々の会社の建物ですからね。個人の財産にはならないわけで」
 逸子がからかうように口をはさんだ。「だけど、そうしておくことが、近い将来、両先生がそれぞれ大きな邸宅をお持ちになるための布石になるんでしょう?」
「いやあ、かなわないなあ須藤さんには」
 気さくな笑い声を残し、ふたりが麻生家を出るとき、逸子は智子をちょっと脇へ呼び、小声でささやいた。
「値段の交渉の、本番はこれからです。先方は大乗り気ですから、シビアに、積極的にやりますからね」
 智子は玄関まで出て、逸子の運転する車が、ふたりの前途有望な会計士を乗せて走り去るのを見送った。角を曲がって車が見えなくなると、急に力が抜けたようになった。
 陽だまりのなかで、智子は家を振り仰いだ。冷たい風と、澄んだ陽差しに日を細めた。
 ここにどんなビルが建つのだろう。あの先生たちは、ここでreenex 價錢どんな仕事をするのだろう。この場所で、これからどんな未来が開けてゆくのだろう──と、とりとめもなく考えた。
 どちらにしろ、それはもう智子とは係わりのないことなのに。
 上着を着ていないので寒かったが、すぐには家のなかに入る気になれなかった。好天の青空と比べて、家のなかがあまりに暗すぎるように感じた。そこで待っているものが、智子の肩には重すぎるような気がした。



彼は妹との

カテゴリー │elyze效果



「ですが…」
 受話器の向こうから 『お母さん』と、姪の海加が妹を呼ぶ声がした。
『子供が塾から帰ってきたわ。彼女に連絡して、それからまた兄さんに電話するわ。じゃあね』
 返事を待たず、一方的に電話は切れた。松下はツーッと電子音を発するだけになった受話器を正面から見つめたまま、途方に暮れた。
「話は終わりましたか」
 膝の上の彼がそう聞いてきた。
「ええ…」
 受話器をテーブルの上に戻す。彼は膝の願景村 洗腦上から起き上がり、上目遣いに松下の顔を覗き込んできた。まっすぐな瞳に、言いようのない後ろめたさを感じる。彼は…神戸に来る際、それまで勤めていた会社を辞めた。親兄弟にどんな話をしてきたのか松下は聞けないでいるが、正月も盆も彼は実家に帰らなかった。正直な彼の性格を思うと、すべてを話してきたという可能性もある。そういう恋人の潔さとは反対に、自分は家族の非難が怖くて誰にも話せないでいた。それどころか、付き合うことを前提に女性を紹介されることでさえ、はっきりと断ることができなかった。
「言い争っているように聞こえたけど、大丈夫ですか」
 後ろめたい心臓の鼓動が、駆け足になる。ひどく近い距離。会話の内容を聞いていたかもしれない。そして見合いすら断れない男に内心、呆れているのかもしれなかった。ゴクリと生唾を飲み込んだ願景村 洗腦松下の唇に、柔らかいものが触れた。それが唇の感触だと、膝の上に乗った彼に誘惑さえているんだと気づくまでに、少し時間がかかった。そして愛撫の途中で恋人を放り出してしまっていたことをようやく思い出す。
「妹と何を話していたか、聞かないんですか」
 話を聞いたのか聞いてないのか、優しく頭を撫でる指先はどうしてか。疑問に耐え切れず、自分から深みに足を踏み入れるように問いかけた。
「気になるけど、家族のことは俺が口を挟むべきじゃないし…、先生が話そうとしないことを無理に聞き出そうとは思ってない」
「僕をなでているのはどうしてですか」
 指の動きが止まる。なぜか彼は頬を赤らめ、うつむいた。
「行動のすべてに意味が必要ですか」
「そういうわけではありませんが…」
 耳許に唇を寄せて、彼は小さな声で答えた。それを聞いたとたん、自分が恥ずかしくなった。彼は…何か疑わしかったからといって、探りを入れるような性格ではない。知っていたのに疑った。恋人の体を願景村 洗腦強く抱きしめると、腕の中で少しだけ震えた。抱きしめたままシーツの中に埋め、夢中になって口付ける。興奮する脳裏に先ほどの彼の言葉が蘇り、甘やかな気持ちになった。
『困ったような顔も、可愛いと思ったから…』




送給自己人生裏的禮物

カテゴリー │真正的愛



旱了好些日子的天空,上午突然就掉起了眼淚,這該是多麼開心的喜事!雖然雨期持續不到5分鐘的時間,勾勒不起任何人去醞釀憂傷,但窗外明顯有了濕度,大地明顯有了水感,空氣明顯有了清新,室內的人兒也可安心的關上空調,打開窗子說說亮話了,或許此時即使有憂傷存在,也該是明媚的!

多好的八月呀,可惜轉間就到了中旬,中旬轉眼又寶寶紅疹會到月底,年輪的翻滾總是在日子裏稍縱即逝.我想自己從小嗜好自拍是沒有錯的,從傻瓜機到數碼機的過程,雖然媽媽會說我臭美,老公受不了我妖精,朋友們總笑我太癡狂,但自己還是喜歡一如既往的沿著這條路途行走,而且一走都是幾十年。想想在自己有限的青春年華裏,偶爾拿出那些片片欣賞和翻閱的時候,定會不由的感歎,美麗永遠停留在當時的風景裏,一種用金錢無法衡量的收穫,真是一筆難能可貴的財富,該拿什麼去感恩這份溫婉?喜歡就爭取,擁有的珍惜,該忘記的忘記...

不要錯過每一次路過的風景,不要讓自己錯過一次融入自然的機會,不要將遺保健品憾遺留在那時的風景裏成為傷感,這就是對自己最好的成全,也是送給自己人生裏永不過失的禮物.生命那樣短暫的過程裏,我們還要經受青春一經典當將永遠無法贖回的殘酷事實。有些風景即使是故地重遊,也未必能追尋到那年的影子。有些人一經轉身,就是錯過一輩子沒有歸期。那麼我們何不用一朵花開的時間相遇所有的美好,在我們最美的年華,以自己最美的姿態,定格當時你認為最美的模樣!待到我們都優雅的老去那一天,躺在長椅上懷舊,不是因為那個時代多麼好,而是那個時候,你我都年輕。於是當一疊疊的照片,成為一個不會說話的時光機時,演變著我們曾經的遇見,留下的卻是一個又一個笑意嫣然...相信我們會為活出真我把大自然的寵兒穿到身上,做一個永遠如花嬌豔的女子而感動。

歲歲花相似,年年人不同,桃花嬌豔似水,人面凋零為殤。我們一生都在追求明媚,其實忘了快樂一瞬就能找到春天,待到成熟的時候,晾曬愉悅便能豐收一場秋天的果实。



送給自己人生裏的禮物

カテゴリー



旱了好些日子的天空,上午突然就掉起了眼淚,這該是多麼開心的喜事!雖然雨期持續不到5分鐘的時間,勾勒不起任何人去醞釀憂傷,但窗外明顯有了濕度,大地明顯有了水感,空氣明顯有了清新,室內的人兒也可安心的關上空調,打開窗子說說亮話了,或許此時即使有憂傷存在,也該是明媚的!

多好的八月呀,可惜轉間就到了中旬,中旬轉眼又會到月底,年輪的翻滾總是在日子裏稍縱即逝.我想自己從小嗜好自拍是沒有錯的,從傻瓜機到數碼機的過程,雖然媽媽會說我臭美,老公受不了我妖精,朋友們總笑我太癡狂,但自己還是喜歡一如既往的沿著這條路途行走,而且一走都是幾十年。想想在自己有限的青春年華裏,偶爾拿出那些片片欣賞和翻閱的時候,定會不由的感歎,美麗永遠停留在當時的風景裏,一種用金錢無法衡量的收穫,真是一筆難能可貴的財富,該拿什麼去感恩這份溫婉?喜歡就爭取,擁有的珍惜,該忘記的忘記...

不要錯過每一次路過的風景,不要讓自己錯過一次融入自然的機會,不要將遺憾遺留在那時的風景裏成為傷感,這就是對自己最好的成全,也是送給自己人生裏永不過失的禮物.生命那樣短暫的過程裏,我們還要經受青春一經典當將永遠無法贖回的殘酷事實。有些風景即使是故地重遊,也未必能追尋到那年的影子。有些人一經轉身,就是錯過一輩子沒有歸期。那麼我們何不用一朵花開的時間相遇所有的美好,在我們最美的年華,以自己最美的姿態,定格當時你認為最美的模樣!待到我們都優雅的老去那一天,躺在長椅上懷舊,不是因為那個時代多麼好,而是那個時候,你我都年輕。於是當一疊疊的照片,成為一個不會說話的時光機時,演變著我們曾經的遇見,留下的卻是一個又一個笑意嫣然...相信我們會為把大自然的寵兒穿到身上,做一個永遠如花嬌豔的女子而感動。

歲歲花相似,年年人不同,桃花嬌豔似水,人面凋零為殤。我們一生都在追求明媚,其實忘了快樂一瞬就能找到春天,待到成熟的時候,晾曬愉悅便能豐收一場秋天的果实。