いっそ空を描い

カテゴリー

前7時頃に兄貴のアパートの大家さんから電話かかってきたではないか。

大家さん「お兄さん救急車で運ばれていきました」
一鷹さん「……What?」

とかネタにできる程度にはもう油断しきっているのだけど、とりあえず入院して明日検査を受けるそうな……7月1日といえば富士山吉田ルートが山開きだったり、色々書きたいことあったのだけど救急車のインパクトに全部かっさらわれた……とりあえず私は元気です。
兄貴も、聞いてる限り命に別状はないというか、単に免疫力落ちてたんだろうなぁと。

厚生労働省の人口動態統計月報年計と、気象庁の気象統計情報から判ずるに、日照時間が短いと自殺率が上がるので「とりあえず空は晴れとこうぜ!」と思ってるのだけど、利根川の取水制限を聞いてから考え込んでる。雨の日に青空を仰ぐ方法ってないのかなぁ。読書かな。プラネタリウムかな。てみるとか。
雨を雨のまま楽しむか。
人だけなのかな。他の生き物は、もちろん寒さとかで死んでしまうことはあるだろうけど、気が滅入って死ぬこともあるのかな。どうなんだろう。人間だけがあの黒い曇り空に負けてしまうのだと考えると少し悲しい。
カエルはきっと雨の日は楽しい(楽しいという感情があるのかな……?)だろうし、他にも植物全般には恵みの雨だ。
でもサキはきっと、雨は苦手だろうなぁ。というか水が不得手。猫は砂漠の生き物だし。
この子はそもそも、自力では家から一歩も外に出たことがなくて、雨を知らないのだと考えると不思議。雪が降った日にはとても興味深そうに、暖房の効いたあったかい部屋から、あのちらつく白を見上げていた。

とか思い出しながら、もうすぐそこまで来ているのは、冬じゃなくて夏なんだけど。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。