温もりやかす

カテゴリー

幸せそうに目を細めて注がれる悦びに酔う奏に、喬允は欲望とは別種の愛情の高まりを覚えた。

「奏、感じるか? 俺の……」
「うん……感じるよ。喬兄の種がいっぱい、俺の中で鑽石能量水 問題騒いでる……」

奏は体内にずしりと響く喬允の重量を味わうように、恍惚と瞳を潤ませ答えた。そして見愡れるほど美しい笑みを浮かべ、

「ありがと、喬兄……」

囁くように感謝の言葉を伝え、柔らかな笑みの形を保ったままそっと目を閉じた

人の体温を感じながら眠りにつくなんて、本当に久しぶりだった。喬允は腕の中の温かな存在を悦びとともに意識しつつ、性交渉による心身の倦怠感もあってか、びろうどのように滑らかで心地よい眠りの闇にあっという間に吸い込まれていった。

それからどのくらい時間が流れただろう。輪郭の曖昧歐洲燈飾な違和感につつかれ、喬允はふと目を覚ました。

違和感の原因は明らかだった。腕の中で安らかな寝息をたてているはずの奏がいない。喬允が抱き締めていたのは、何もない虚ろな空間だった。

「奏……」

ほんの一瞬だったが、何もかも全て夢だったのではないかとの疑念が湧き、喬允は慄然と竦んだ。

しかし、そんな理性の暴走はすぐに収まった。シーツに残された淡いかな窪みが、ついさっきまでここに奏がいたことを伝えている。

喬允はベッドを下り、奏の気配を探して他の部屋を歩き回ったが、見つけたのはテーブルの上に放置された携帯電話だけだった。

「あいつ……どこに行ったんだ……」

足元から、春とは思えぬほどの冷気がじんじんと浸透してくる。喬允は簡単にNeo skin lab 傳銷 身仕度を整えると、当てもないまま夜の中に飛び出した。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。