きれいなベッド

カテゴリー │elyze效果



  「人が住んでるんじゃん」
  「これだけの機械を作って、それらが全てきちんと作動しているんだ。それは誰かがいるだろう。少なくとも、この前みたいに後一人しか残っていない、ってことはないね」
  「じゃあ、どうして誰も見かけないと思う?」
  「そうだな、考えられる原因は……、たとえば宗教的優纖美容な何かで外出できないとか、休日とか、昼寝の時間とか。あるいは、この辺《へん》には住んでないだけかもしれない」
  「すると……、居住エリア?」
  「たぶん」
  「よし! 行ってみよう! キノ」
  エルメスが興奮《こうふん》して大声を上げたが、キノは首を横に振りながら、
  「いいや、もう今日はだめだ。今から行ったら日が沈むまでに戻ってこれないよ。町中とはいえ、夜は走りたくない。それに」
  「それに?」
  「眠い。ボクは寝る」
  「はあ? いつもならまだ起きてる時間だよ」
  エルメスがそう言った時には、キノはホルスターからパースエイダーを抜いて、それとジャケットを手に持ち、ふらふらとベッドに向かっていた。
  「確かにそうなんだけれど……。ボクはね、エルメス、があると迪士尼美語世界無性《むしょう》に横になりたくなるんだ。同時に眠くなる……」
  それだけ言うとキノは、ジャケットを広いベッドの縁《ふち》に掛け、パースエイダーを枕《まくら》の下に敷いた。そしてばふっとふかふかの布団《ふとん》に倒れ込んで、しあわせー、と小さな声で言ったかと思うと、すぐに寝てしまった。
  「びんぼーしょー」
  エルメスがぼそっと言った。
  翌朝、キノは夜明けと同時に起きた。
  部屋の荷物受けに、昨日《きのう》頼んだ洗濯物が入っていた。全《すべ》て新品同様になっていた。
  キノは二丁《にちょう》のハンパースエイダーの整備を始めた。
  後ろ腰につける自動式の一丁、キノはこれを『森の人』と呼ぶ。二二LR弾を使う、細いシルエットのパースエイダーだ。弾丸《だんがん》の破壊力は少ないが、長いバレルに適度の重さがあり、命中《めいちゅう》精度がいい。
  キノは『森の人』の弾倉《だんそう》から弾丸を出して、別の弾倉に詰《つ》め直して装填《そうてん》した。
  もう一丁の腿《もも》に吊《つ》っているパースエイダー、通称『カノン』は、単手《たんしゅ》動作式のリヴォルバーだ。単手動作式とは、一発|撃《う》つごとにハンマーを手で上げる必要のあるシステムのことで、引き金を引くだけで撃てるのはダブルアクションと呼ばれる。
  『カノン』は、薬莢《やっきょう》を使わない。火薬《かやく》と弾丸優纖美容が直接シリンダーに詰《つ》まっている。したがって再《さい》装填するためには、いちいち火薬と弾丸と雷管《らいかん》を手で詰める必要がある。雷管は小さな火薬入りのキャップのことで、シリンダーのおしりにつけて、ハンマーがこれを叩《たた》いて火薬に引火させる。
  キノは『カノン』のシリンダーを空《から》の物と交換して、何度も抜き撃《う》ちの練習をした。
  その後シャワーを浴びた。

同じカテゴリー(elyze效果)の記事画像
彼は妹との
同じカテゴリー(elyze效果)の記事
 彼は妹との (2015-08-05 11:14)
 選擇放手 (2015-04-29 10:41)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。