何が起こったの

カテゴリー


 少し硬くてごつごつとした手が、背中を優しく撫でる。大丈夫だからと耳元で囁かれて、心拍数もようやく元通りへと戻っていく。
 やっと、怖がっていることに気づいて助けてくれた。そのことに安堵した健人は、ようやくパニック状態から抜け出すことができて、現状を把握する思考を取り戻した。
 健人は少し顔を上げて、抱きしめている歩の顔を見る。2、3度瞬きをして、目の前に居るのが本当に歩なのかと自分の目を疑った。雨に濡れたのか、髪の毛や服はびしょぬれになっていて、いつもとは違う雰囲気だ。抱きしめられていることに、なぜか嫌悪は抱かなかった。
「……あ、ゆむ……?」
 恐る恐る声をかけると、ゆっくりと体が離れていった。健人の顔を覗き込み、落ち着いているのを見ると「大丈夫?」と今度は確認するように尋ねてきた。
「え、あ……、うん」
 どう返事をして良いのか分からず、健人は頷くだけ頷くと歩は健人の頭を撫でて「良かった」と笑った。今まで見たことの無い、歩の笑顔に健人は固まった。へらへらしているわけでもなく、無理をして笑っているわけでもない、クラスメートに見せているような振りまいた笑顔でもない。健人だけに向けた笑みだった。
 電気が復旧したのか、パパッと何度か点滅した後、リビングに灯りが点いた。間近にいる歩の顔をじっと見つめて、どうしてここにいるのかと考えたが、理解できなかった。そして、なぜ、あんなふうに抱きしめたのかも分からない。雷が鳴り始めて、轟音とともに停電したところまでは覚えているが、歩が帰ってきたことなど覚えていなかった。
「……雷、苦手だったんだね」
「え……?」
「あんまり、無理しないほうがいいよ。じゃ、俺、風呂入ってくるから」
 歩は目も合わさずにそう言うとすぐに階段を上がって行ってしまった。か分からず、健人はその場に座り込んだまま、きょとんとしていた。濡れた体に抱きしめられたせいで、服が濡れて冷たいはずなのに、パニックに陥ったときと同じように心拍数が上がっていき、体が熱くなってきた。
 助けてくれた理由が分からない。嫌いだと言って、2ヶ月以上口すら利いていなかったと言うのに。かなり嫌っていたはずなのに、こんなことをされて気持ち悪いとも思わない自分の感情に、健人は戸惑っていた。
 それは歩も、同じだった。
 階段を駆け上がり、自室へ入ると同時に大きく息を吐き出す。雨が降り始めて、雷が鳴り、健人が怖がっているのではないかと思ったら我を忘れたように走り出していた。蹲って震えている健人を見たら、放っておけなかった。嫌っていて、顔も見たくない、口も利きたくないと思っていたのに、どうして抱きしめてしまったのか自分の行動が分からなかった。
「……何、してんだ。俺は……」



温もりやかす

カテゴリー

幸せそうに目を細めて注がれる悦びに酔う奏に、喬允は欲望とは別種の愛情の高まりを覚えた。

「奏、感じるか? 俺の……」
「うん……感じるよ。喬兄の種がいっぱい、俺の中で鑽石能量水 問題騒いでる……」

奏は体内にずしりと響く喬允の重量を味わうように、恍惚と瞳を潤ませ答えた。そして見愡れるほど美しい笑みを浮かべ、

「ありがと、喬兄……」

囁くように感謝の言葉を伝え、柔らかな笑みの形を保ったままそっと目を閉じた

人の体温を感じながら眠りにつくなんて、本当に久しぶりだった。喬允は腕の中の温かな存在を悦びとともに意識しつつ、性交渉による心身の倦怠感もあってか、びろうどのように滑らかで心地よい眠りの闇にあっという間に吸い込まれていった。

それからどのくらい時間が流れただろう。輪郭の曖昧歐洲燈飾な違和感につつかれ、喬允はふと目を覚ました。

違和感の原因は明らかだった。腕の中で安らかな寝息をたてているはずの奏がいない。喬允が抱き締めていたのは、何もない虚ろな空間だった。

「奏……」

ほんの一瞬だったが、何もかも全て夢だったのではないかとの疑念が湧き、喬允は慄然と竦んだ。

しかし、そんな理性の暴走はすぐに収まった。シーツに残された淡いかな窪みが、ついさっきまでここに奏がいたことを伝えている。

喬允はベッドを下り、奏の気配を探して他の部屋を歩き回ったが、見つけたのはテーブルの上に放置された携帯電話だけだった。

「あいつ……どこに行ったんだ……」

足元から、春とは思えぬほどの冷気がじんじんと浸透してくる。喬允は簡単にNeo skin lab 傳銷 身仕度を整えると、当てもないまま夜の中に飛び出した。




背後からす

カテゴリー






店内は、想像以上に広かった。趣味のいいインテリアに落ち着いた間接照明が、寛ぎの空間を演出している。いかにも女性が好みそうな店だが、ざっと見渡す限り女性客の姿はなかった。

青年から初老の男性まで年齢には幅歐亞美創美容中心があるものの、全員が男。顔を寄せ合って親密に会話していたが、奏と喬允が姿を現すと一斉に視線が飛んできた。

喬允は思わず身構えたが、奏は慣れているのか平然とカウンターに向かい、丸椅子に腰を下ろした。そしていかにもマスターといった髭のバーテンに軽く手を挙げ、

「みんなもう集まってる?」
「ああ。あとは奏待ちだ」
「ふ…ん、別に始めてても構わないのに」
「そう言うな。女王様のご到着をみんな今か今かと待ちかねてるぞ」
「何だよ、女王様って」

不愉快そうに眉根を寄せる奏に、バーテンは肩を竦めてみせた。

「女王様じゃなかったら、ファム?ファタルだ。男を狂永久脫毛わす<宿命の女>」
「阿呆くさ」

ここでようやく、奏の隣にいる喬允に気付いたバーテンは、営業用の笑顔を向けて、

「で、こちらの方は? 奏のお連れさん?」
「いや、ただの迷子」

奏の言葉にほんの少し自尊心を傷付けられた喬允は、努めて平然と「奏の友人です」と返した。

すると、その会話に聞き耳を立てていた客二人がっと近寄り、喬允の両脇に立って見定めるような粘ついた視線を送った。そして初対面とは思えぬほどなれなれしい仕草で喬允の肩や腕に触れ、

「へえ、お兄さん奏の連れなんだ。じゃあ例のパーティーにも参加するんだね」
「ぱっと見は地味だけど、よく見たらかっこいいね。それに、身体もが歐亞美創美容中心っしりしててなんか色っぽい―――」

二人の意味深な言動は、奏の荒々しい行動によって断ち切られた。無言のまま立ち上がり、喬允の肩に置かれた手をぎりぎりと掴んで引き剥がし、

「……気安く触んな」