遠慮なくどう

カテゴリー


奏のからかい混じりの問いに、喬允は苦笑しつつ「ありません」と答える。そして「じゃあよろしく頼むな」と告げて、奏の後に続いて部屋を出た。そして近くの駐車場に留めてあるシルバーグレーの車に乗り込むと、自宅のある大体の場所を教えた。奏は驚いた様子で、

「え、そんな近くに住んでたんだ」
「ん? ああ。最近引鑽石能量水騙局っ越したんだよ」

奏の運転する車は十五分ほどで目的地周辺に着いた。喬允は窓から外を指差し、

「ああ、あれだ。あのマンションの五階に住んでる」

対して奏は「へえ」と気のない返事をして、喬允の指が差す方をちらと一瞥だけした。

車で送ると言い張ったのは喬允の住まいを知るためでもあったが、いざその場所を眼前にすると、むらむらと込み上げる鉛色の感情に胸腔が圧迫されてまともな呼吸すらままならなくなる。

自分が決して共有できぬ喬允の空間が、あそこにはある。そしてそこには、何のDiamond水機煩悶も苦労もなく喬允の傍にいることのできる女性がいるのだ。

「奏、この辺りでいいよ。ありがとう」
「あ、ああ。じゃあ停めるよ」

車が路肩に停車すると、喬允は奏の方を向いて微笑み、

「本当に逢えてよかったよ。奏、またな」

親愛のこもった別れの言葉を差し出した。しかし奏は視線を合わせることができず、下を見たまま「うん……」と煮え切らない返事を返した。そして濃厚な躊躇を引きずったままポケットから名刺を取り出し、

「ここに連絡先とか書いてあるから。何かご用命の際はぞ」
「ああ、でも庭もないしな。犬も飼ってないし」
「だから、そういうアットホームな依頼は受けてないって。嫌な上司を失脚さ能量水せるためのスキャンダル作りとかなら協力できるけど」
「残念ながら、そういう予定はないな」
「だろうね」



れを拒絶の仕草

カテゴリー

「やっぱり……逢わないままでいた方が楽だったな……」

思わずこぼした本音半分強がり半分の呟きに、背後から問いが返ってきた。

「俺の……ことか?」

奏は慌てて振り返り、戸口に立つ喬激光永久脫毛允に向かい合う。喬允は見る者の胸に切ない痛みをともす淋しげな笑みを浮かべていた。

普段は整髪剤で営業マンらしい爽やかな髪型にしているのだろうが、今は乱れて顔に掛かり、濃厚な色気を漂わせていた。

ネクタイを外し、ボタンを上半分開けて、皺だらけのシャツを着ているにもかかわらず、喬允の持つ生来の気品や清潔さは少しも損なわれていない。はだけた襟元から覗く胸筋は想像以上に固く締まっており、滑らかな皮膚で覆われていた。

そこにきつく口づけて、所有の痕跡を残したいという欲求を必品牌推廣公司死に抑えていると、その奏の努力を嘲笑うかのように喬允がゆっくり近づいてきた。

奏はたまらず横を向いて、視界から喬允を追い出す。すると喬允はそと受け取ったのか、ぴたりと足を止めて、

「何か……お前を不快にさせるようなこと言ったかな。俺はそういうの疎いから。元々お前は繊細な奴だし」
「別に……不快になんかなってないよ」
「そうか、それならいいけど。これまでも、小さなサインを見逃してしまったせいで、ちょっとしたずれが修復不可能な亀裂にまで広がるという痛い経験を何度もしているからな。よく妻を苛立たせたよ。そんなことやってるから俺は―――」
「奥さんの話は聞きたくないっ……」

奏は切羽詰まった叫びで喬允の言葉を断ち切ると、すがるような目で喬允を見つめた。奏の態度や表情には、拒絶と希求という相反する要素が入り混じっており、喬允は近づくことも離れることもできずただその場に立ち尽くした。

相手が何を求め何を望んでいるのか察する能力に長けているは水解蛋白ずの喬允だったが、肝心な時に使いものにならない。もしかして、医師相手の接待という場でしか発揮できない能力なのかもなと、自虐的な考えすら浮かんだ。