気分を味わ

カテゴリー │嬰兒揹帶



「少しお痩せになったんじゃない?」
 訪ねてきた土地購入希望のふたりの公認会計士は、敷地のぐるりを見て回っている。須藤逸子は、麻生家の茶の間で智子とふたりになると、そう声をかけてきた。気づかわしげな様子だった。
 逸子とは、前回の打合せのあと、「ドラえもん」のことで高壓通渠妙な問答をして、一方的に電話を切ったままになっていた。その後の智子は、ずっと、自分のことしか考えることができないような状態にあったので、こうして逸子と顔をあわせると、今さらのようにきまり悪いった。
「やっぱり、ちょっと疲れが出たんだと思うんです。たいしたことはないけど」微笑して、智子は答えた。「この前はすみませんでした。すっかりごちそうになってしまって」
 逸子は笑ってその言葉をしりぞけた。「この取引がまとまったら、もっと美味しいものを食べにいきましょう。祝杯をあげなくちゃね。どう? なかなか良さそうな先生たちでしょう?」
「いくら小さくても、持ちビルを建てようという方たちなのに、お若いのでびっくりしました」
「やり手なのよ、おふたりとも」
 そろって三つ揃いの背広を着込み、きっちりとネクタイをしめたふたりの公認会計士は、上機嫌で下見から掃ってくると、智子のいれたコーヒーをうまそうに飲んだ。交通の便もいいし、郵便局が近くていいとか、大きな文具店がありますねとか、楽しそうに話している。
 ふたりともまだ三十代の後半だ。それぞれかなり大きな借金去凹凸洞を背負っての買い物ということになるのだろうが、不安げなところは感じさせなかった。売り主の智子の前だから、意識してそうふるまっているということはあるにしても、自分たちのこれまでの実績や、将来あげることができるであろう業績に対して、やはり、それだけの自信を持っているのだろう。ふと、うらやましいような気持ちになった。
 建物の施工を任せるところはもう決めてあるのだそうだ。予算の関係もあり、三階建てのヘーベルハウスにするつもりだという。
 おふたりとも、もうそれぞれマイホームはお持ちなのですかという智子の質問に、ふたりはそろって破顔した。
「どっちも賃貸マンション暮らしですよ」
「これから建てようというビルは、あくまで我々の会社の建物ですからね。個人の財産にはならないわけで」
 逸子がからかうように口をはさんだ。「だけど、そうしておくことが、近い将来、両先生がそれぞれ大きな邸宅をお持ちになるための布石になるんでしょう?」
「いやあ、かなわないなあ須藤さんには」
 気さくな笑い声を残し、ふたりが麻生家を出るとき、逸子は智子をちょっと脇へ呼び、小声でささやいた。
「値段の交渉の、本番はこれからです。先方は大乗り気ですから、シビアに、積極的にやりますからね」
 智子は玄関まで出て、逸子の運転する車が、ふたりの前途有望な会計士を乗せて走り去るのを見送った。角を曲がって車が見えなくなると、急に力が抜けたようになった。
 陽だまりのなかで、智子は家を振り仰いだ。冷たい風と、澄んだ陽差しに日を細めた。
 ここにどんなビルが建つのだろう。あの先生たちは、ここでreenex 價錢どんな仕事をするのだろう。この場所で、これからどんな未来が開けてゆくのだろう──と、とりとめもなく考えた。
 どちらにしろ、それはもう智子とは係わりのないことなのに。
 上着を着ていないので寒かったが、すぐには家のなかに入る気になれなかった。好天の青空と比べて、家のなかがあまりに暗すぎるように感じた。そこで待っているものが、智子の肩には重すぎるような気がした。



清寒的月色

カテゴリー │嬰兒揹帶

也許是命運的垂憐,也許是他們的緣分未盡,就在納蘭承受著瀕臨崩潰的絞痛時,皇帝竟法外開恩,准許他們私下見一面。而對於這道旨意,民間流勵志故事傳著很多說法。有人說,皇帝是深知他們的感情,對於選惠兒入宮,他始終存有愧疚;也有人說,皇帝雖然寵愛惠兒,卻始終走不進她的心,這次開恩,實則是要斬斷他們之間的情意;亦有人說,惠兒因太過思念納蘭,身體日漸消弱,皇帝無奈,只得准許她與納蘭見上一面。然,皇帝究竟為何下這道旨意,誰也無法給出個確切答案,因為歷史的真相,早已在歲月的風塵中悄然散落,無處打撈。

多想把銷魂蝕骨的相思,塵封在心底,可它卻凍僵了那顆本就薄涼的心;多想把曾經的溫暖散入過往的風裏,可它卻讓那隱忍的淚水驀然決堤;多想把關於過去的一切,都揣放衣袖,不去看,不去想,可它卻在思想所及之處,種遍憂傷。“紅箋向壁字模糊,憶共燈前呵手為伊書。”不知何時,清寒的月色已悄然鋪灑下來,那疊放著紅箋的書案上,還存留著寫給惠兒的相思密語,可為何,那明明清晰如初的字跡,卻怎樣都看不清楚?多麼希望,眼中的淚水可以化作窗前的一縷月光,可換來的,為何總是那漸行漸遠的身影和不盡的離殤?

“曲闌深處重相見,勻淚偎人顫。”在這個透著清寒的月夜裏,兩個深愛的人兒終於得以相見。縱然時間很有限,但比起那苦苦的相思,比起那蒼白而又漫長的日子,已然是莫大的恩賜。兩人再醫療咭也沒有一絲猶豫,緊緊地相偎著彼此。即便是片刻的擁有,也是值得的。也許,時光可以倒置,當初徘徊在家族命運與這份真愛中的納蘭,會改變自己的選擇也未可知。我們總是這般,在能夠擁有時,不知珍惜,直至失去,才追悔莫及。只是世間,從來沒有如果,時光,也無法倒置。