きれいなベッド

カテゴリー │elyze效果



  「人が住んでるんじゃん」
  「これだけの機械を作って、それらが全てきちんと作動しているんだ。それは誰かがいるだろう。少なくとも、この前みたいに後一人しか残っていない、ってことはないね」
  「じゃあ、どうして誰も見かけないと思う?」
  「そうだな、考えられる原因は……、たとえば宗教的優纖美容な何かで外出できないとか、休日とか、昼寝の時間とか。あるいは、この辺《へん》には住んでないだけかもしれない」
  「すると……、居住エリア?」
  「たぶん」
  「よし! 行ってみよう! キノ」
  エルメスが興奮《こうふん》して大声を上げたが、キノは首を横に振りながら、
  「いいや、もう今日はだめだ。今から行ったら日が沈むまでに戻ってこれないよ。町中とはいえ、夜は走りたくない。それに」
  「それに?」
  「眠い。ボクは寝る」
  「はあ? いつもならまだ起きてる時間だよ」
  エルメスがそう言った時には、キノはホルスターからパースエイダーを抜いて、それとジャケットを手に持ち、ふらふらとベッドに向かっていた。
  「確かにそうなんだけれど……。ボクはね、エルメス、があると迪士尼美語世界無性《むしょう》に横になりたくなるんだ。同時に眠くなる……」
  それだけ言うとキノは、ジャケットを広いベッドの縁《ふち》に掛け、パースエイダーを枕《まくら》の下に敷いた。そしてばふっとふかふかの布団《ふとん》に倒れ込んで、しあわせー、と小さな声で言ったかと思うと、すぐに寝てしまった。
  「びんぼーしょー」
  エルメスがぼそっと言った。
  翌朝、キノは夜明けと同時に起きた。
  部屋の荷物受けに、昨日《きのう》頼んだ洗濯物が入っていた。全《すべ》て新品同様になっていた。
  キノは二丁《にちょう》のハンパースエイダーの整備を始めた。
  後ろ腰につける自動式の一丁、キノはこれを『森の人』と呼ぶ。二二LR弾を使う、細いシルエットのパースエイダーだ。弾丸《だんがん》の破壊力は少ないが、長いバレルに適度の重さがあり、命中《めいちゅう》精度がいい。
  キノは『森の人』の弾倉《だんそう》から弾丸を出して、別の弾倉に詰《つ》め直して装填《そうてん》した。
  もう一丁の腿《もも》に吊《つ》っているパースエイダー、通称『カノン』は、単手《たんしゅ》動作式のリヴォルバーだ。単手動作式とは、一発|撃《う》つごとにハンマーを手で上げる必要のあるシステムのことで、引き金を引くだけで撃てるのはダブルアクションと呼ばれる。
  『カノン』は、薬莢《やっきょう》を使わない。火薬《かやく》と弾丸優纖美容が直接シリンダーに詰《つ》まっている。したがって再《さい》装填するためには、いちいち火薬と弾丸と雷管《らいかん》を手で詰める必要がある。雷管は小さな火薬入りのキャップのことで、シリンダーのおしりにつけて、ハンマーがこれを叩《たた》いて火薬に引火させる。
  キノは『カノン』のシリンダーを空《から》の物と交換して、何度も抜き撃《う》ちの練習をした。
  その後シャワーを浴びた。



彼は妹との

カテゴリー │elyze效果



「ですが…」
 受話器の向こうから 『お母さん』と、姪の海加が妹を呼ぶ声がした。
『子供が塾から帰ってきたわ。彼女に連絡して、それからまた兄さんに電話するわ。じゃあね』
 返事を待たず、一方的に電話は切れた。松下はツーッと電子音を発するだけになった受話器を正面から見つめたまま、途方に暮れた。
「話は終わりましたか」
 膝の上の彼がそう聞いてきた。
「ええ…」
 受話器をテーブルの上に戻す。彼は膝の願景村 洗腦上から起き上がり、上目遣いに松下の顔を覗き込んできた。まっすぐな瞳に、言いようのない後ろめたさを感じる。彼は…神戸に来る際、それまで勤めていた会社を辞めた。親兄弟にどんな話をしてきたのか松下は聞けないでいるが、正月も盆も彼は実家に帰らなかった。正直な彼の性格を思うと、すべてを話してきたという可能性もある。そういう恋人の潔さとは反対に、自分は家族の非難が怖くて誰にも話せないでいた。それどころか、付き合うことを前提に女性を紹介されることでさえ、はっきりと断ることができなかった。
「言い争っているように聞こえたけど、大丈夫ですか」
 後ろめたい心臓の鼓動が、駆け足になる。ひどく近い距離。会話の内容を聞いていたかもしれない。そして見合いすら断れない男に内心、呆れているのかもしれなかった。ゴクリと生唾を飲み込んだ願景村 洗腦松下の唇に、柔らかいものが触れた。それが唇の感触だと、膝の上に乗った彼に誘惑さえているんだと気づくまでに、少し時間がかかった。そして愛撫の途中で恋人を放り出してしまっていたことをようやく思い出す。
「妹と何を話していたか、聞かないんですか」
 話を聞いたのか聞いてないのか、優しく頭を撫でる指先はどうしてか。疑問に耐え切れず、自分から深みに足を踏み入れるように問いかけた。
「気になるけど、家族のことは俺が口を挟むべきじゃないし…、先生が話そうとしないことを無理に聞き出そうとは思ってない」
「僕をなでているのはどうしてですか」
 指の動きが止まる。なぜか彼は頬を赤らめ、うつむいた。
「行動のすべてに意味が必要ですか」
「そういうわけではありませんが…」
 耳許に唇を寄せて、彼は小さな声で答えた。それを聞いたとたん、自分が恥ずかしくなった。彼は…何か疑わしかったからといって、探りを入れるような性格ではない。知っていたのに疑った。恋人の体を願景村 洗腦強く抱きしめると、腕の中で少しだけ震えた。抱きしめたままシーツの中に埋め、夢中になって口付ける。興奮する脳裏に先ほどの彼の言葉が蘇り、甘やかな気持ちになった。
『困ったような顔も、可愛いと思ったから…』




選擇放手

カテゴリー │elyze效果


可是,一切都在你的意願中發展,你從那時開始,就有意的疏高麗蔘遠了他,有時幾天不見,有時幾月不見,但到後來就是一年不見,而且你還那樣封閉自己,那樣的對他不睬不理,甚至到最後,乾脆徹底的封閉和他聯繫,剛開始的時候,他還以為你不是那樣,可後來就覺得出,你的不理,是對他愛的封閉,你的狠心讓他明白,愛並不是一廂情願的,自己再付出多少都是徒勞,也掙得不了你的心。所以他就放手了,他對你的愛。但事實能放下嗎?他只有自己欺騙著自己,他發誓今後不再去打擾你,即使你背叛了他,他也不會。愛就是這麼的不可折磨,真的讓人猜不透。

現在他和你基本沒有什麼聯繫了,他也不在去打擾你了,已經有好幾年了,但他的心裏一刻也沒有放下你,你可知道嗎?他為了你,每天都再想,你的溫存,你的美好,你的一瞥一笑,都深深地刻在他的心間,刻在他的夢裏。就在你家搬到別處居住,他一個人經常來到你家曾經居住的廢墟上,看那些破碎的瓦礫和那些橫七豎八的東西,心裏的酸痛無法比擬。特別是聽到你要嫁人,就要帶上別人給你的金戒指,他的心裏更是酸楚的很,事已至此,一切都將成為過去,你早已成為別人的新娘,而他還在一個人孤獨的守望,孤獨的在痛苦中煎熬著,愛呀?就是這麼的痛苦,就是那麼的叫人放不下。

而你卻初而反而,一改往日的溫柔,那樣的冰冷對待你曾韓國人蔘那樣愛著你的人,一下那愛就象從天上掉落地下,從火熱到冰冷,那樣的讓人難以接受。可是他並沒有恨你,還是那麼的癡心的愛你,還是那樣的放不下你,你越是這樣,他的愛越強烈,這時的你就不象以前,總是對他不冷不熱,想離開他,還捨不得,一會給他溫柔,一會又給他冷漠,就這樣愛的折磨讓他才更放不下你,至此就愛得更加深切,更是離不開你的左右。

那時的你,有心遠離他,但還放不下,那樣的在愛中煎熬著自己。痛你卓悅假貨是有過,有時還勝似於他,但這又有什麼辦法呢?這愛讓你好升畏懼,但又是那麼的不可分離。你每天都象做著那害怕的惡夢,就象他要給你怎麼的了,可是就這樣,他沒有去衝破你愛的防線,沒有那樣的對你,倘若要擱別人的話,早不就會做出那樣的事來,因為那時你情我願,但他控制了自己,還那樣對你負責,如果他不愛你,他能那樣對你,不早就對你那樣了嗎?